能代 さとう 眼科

月~土 8:30~12:30/14:00~18:00
(朝7時から解錠)
※水曜午後休診 
 0185-54-1854
お問い合わせ

診療内容

検査関係

トプコン社製 3次元眼底像撮影装置 DRI OCT Triton

OCT検査は、赤外線を利用して、網膜の断面を画像化することによって三次元的にとらえることができ、むくみの程度や出血の範囲や深さなどを精密に把握することができます。加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症など、さまざまな病気が発見できるほか、緑内障の診断や経過観察にも有効です。

Zeiss社製ハンフリー視野計

大学病院でも導入されているコンピュータ解析による精密視野検査装置です。当院のハンフリー視野計が視野検査の標準として一番普及しています。視野の半径30度の網膜の感度を測り、同年齢の健常者と比べて視野の評価を行います。

1
2020.09.29 Tuesday